NINI(ニイニ)の「双子織マスク」ができるまで

幕末に生まれた伝統の綿織物「双子織」

埼玉県蕨市の伝統工芸品「双子織(ふたごおり)」
そのルーツは江戸時代の末にまで遡ります。

安政六年(1859年)、横浜港の開港を機に世界各国との本格的な貿易が始まり、さまざまな輸入品の取引が行われる中、英国から舶来した紡績綿糸や最新の化学染料にいち早く着目した人物の1人が、足立郡塚越村(現在の蕨市)在住の機業家、3代目高橋新五郎(東屋)でした。

英国製の洋糸を持ち帰った新五郎は様々な試行錯誤を繰り返し、単糸を2本並べた「引き揃え糸」の平織りとなる『塚越二夕子織(つかごしふたこおり)』を開発します。

その後明治に入り、技術の向上と共に更なる改良が進められ、単糸2本をより合わせた平織りとして『双子織(ふたごおり)』と呼ばれる頃には、1cmの中に経糸(たて糸)が72本も使われる高い密度を持った、鮮やかな綿織物へと発展を遂げていきます。

一世風靡からの衰退、そして復元へ

双子織は木綿でありながら、絹様の光沢を持った超極細糸を使用して超高密度に織り上げる、かなり難度の高い織物とされてきましたが、その難しさゆえの品質(光を通さない緻密さ、絹のような手触りと光沢)は見る者、纏う者にやさしさと優雅さを醸し出すと大きな評判を生み、当時は全国区の織物ブランドとして一世を風靡しました。

しかし大正、昭和に入って織物業に急速な機械化が進んでいく中、糸が極細すぎて織機での製造に適さなかった双子織は、明治後期をピークに衰退の一途をたどることになります。
手から機械へと移り変わる時代の波が、これまで多くの人に愛された双子織の良さを消し去ってしまったのです。

さらに時は流れ、双子織はその名を知る人も少なくなり、幻の織物とまでいわれた時代が長く続きましたが……


他に類を見ない「超極細の糸を使った超高密度の織」を現代のアパレルによみがえらせたい。
江戸末期からの歴史ある地元伝統産業を、この時代に復元させたい。

蕨商工会議所と地元の研究者が旗振り役となって、双子織を21世紀の流行や技術に合う素材へと生まれ変わらせ、新商品の開発、さらには再びの普及を目指した地域ぐるみの取り組みがはじまりました。

そこに参画した企業の1つが、蕨のアパレルメーカー、株式会社ニイニです。

長所をフルに生かして

双子織の技術がもたらす良さはそのままに、今の時代に合った素材へとアレンジして商品化を目指すニイニがまず手掛けたのは、スポーツ用のトラックジャケット(画像)でした。

超極細糸、超高密度、綿100%の双子織が持つ「保温性」「透湿性」「撥水性」をフルに生かせるスポーツウェアは最適といえる素材であり、トラックジャケットは多くの市民ランナーや有名アスリートも愛用するなど、大きな反響を呼んでいます。

2020年3月10日、発祥双子織綿織物トラックジャケットは洗練された機能性やデザインが評価され、蕨市から「蕨ブランド」の認定を受けました。

双子織でマスクを

トラックジャケット以外にも、双子織を使った製品が市内の各企業から次々と発表されましたが、ニイニのデザイナー・保坂郁美さんの頭の中には、すでに次の一手がありました。

「高密度の織で花粉を通さず、薄手でムレにくい上に撥水性もある双子織は、きっとマスクに向いている」

新型コロナウイルス感染拡大に伴う深刻なマスク不足により、布製マスクを着用する人の割合も増えてきた中、ここに双子織の素材と技術を応用できるのではないかとひらめいた郁美さん。持ち前のスピード感で試作品を仕上げます。

専門メーカーならではの高品質

超極細の糸による超高密度の織がもたらす、保温、透湿、撥水に優れた生地。

株式会社ニイニはこの生地から、花粉を高いレベルでブロックする品質(一般財団法人カケンテストセンターによる評価)と、着けていて呼吸が苦しくなりすぎない適度な通気性をあわせ持つ双子織マスクを開発しました。

双子織マスクは1点1点、株式会社ニイニで丁寧に縫製した後、洗濯、プレスを経て梱包しております。

株式会社ニイニのホームページ

長く、快適に着けられる工夫

安心の綿素材。耐久性十分の強い生地で、もちろん洗ってくり返し使えます。

顔と接する面には洋服のカットソーで使われる白布を使用して、よりソフトな肌当たりに。機能性も使用感も、アパレル専門メーカーのこだわりが形となっています。

ひもの長さが調節できます

ゴムひもですが、ココにもひと工夫。
長さを自由に調節できるので、着用中に鼻や耳への圧迫感を感じたら、少しだけゆるめてお使いください。

お手入れもカンタンです!

つけ置き洗い(洗濯洗剤あるいは石鹸で)を1時間程度行った後、軽くすすいでタオルで水分を取り、室内干しがおすすめです。
速乾性の高い生地なので、ひと晩干しておけば翌朝から使えます(干す場所や環境により、乾き具合に差が出る場合があります)。

ニイニ製 双子織マスク

◆ご注文のご案内はこちらから